情報処理学会(IPSJ)HCI研究会で発表しました


2018年8月20日(月)~21日(火)にわたって開催された情報処理学会ヒューマンコンピュータインタラクション研究会第179回研究会において、三井進平および竹平幸矢(ともに大学院数理情報工学専攻)が発表をおこないました。

http://www.sighci.jp/

  1. マイクロブログにおいて無関係な実社会上における知人の存在感がマイクロブログ上の発言にもたらす影響:三井進平(日本大学生産工学研究科)、遠田敦(日本大学)
  2. 身体および生理データを用いた発言伝達強度の弁別モデル構築:竹平幸矢(日本大学大学院生産工学研究科)、遠田敦(日本大学)
発表内容はいずれも卒業研究で取り組んだ内容でした。他の並み居る院生たちの発表に勝るとも劣らない水準の成果をお見せすることができたかと思います。この後の修士研究に向けてさらなる飛躍を見せてほしいです。

このブログの人気の投稿

令和元年度 卒業研究・修士論文 第2回 中間発表を実施しました

遠田研究室ウェブサイトを開設しました