「日本デザイン学会 秋季学生プロポジション」で優秀賞を受賞しました

 

日本デザイン学会が主催する「秋季学生プロポジション」において、研究室に在席する志村駿太くん(数理情報工学専攻 修士1年)が優秀賞を受賞しました。

卒業研究で取り組んだテーマ「ゲーム体験を介したアイデンティティ形成が自己認識に与える影響」をより発展させ、頒布用のパッケージデザインやブックレットなども作成した上で臨んだ学会発表において、研究内容とあわせてそれらの取り組みが評価されました。

このブログの人気の投稿

里山に学び,調和をデザインする

令和5年度 卒業研究成果展が開催されました

ゼミ 第2課題「天地人馬一体」の作品発表会を実施しました